等裁判所の役割について
被告の身になって考えます 当裁判所は今までに裁けなかった案件を勝手に裁くことで、原告側の心のケアに尽力しています。法律は守らなければなりませんが、法律を破った人を守る必要はあるでしょうか? 原告側の複雑な気持ちや心理を考えたことがあるでしょうか?当裁判所はそんなことは考えたことはありません!自由に判決させていただいています。
2006年空前の裁判ブームについて
分かり合う努力を今後もやめましょう 2006年は空前の裁判ブームだと言われています。というか、当裁判所が勝手に言っています。何故これだけ裁判がブームになったのか?それは人対人のコミュニケーション能力の低下にあります。近年では隣に住む住人の顔もよく知らないと言う人が増えています。
分かり合う努力を今後もやめ、どんどん弊社にお申込みください。
最新式判決ロボ:「もっくん3号」の導入
過去2回当裁判所は消滅しています 弊社では判決を素早くするために、判決ロボット「もっくん3号」を導入しています。
この「もっくん3号」は原告側の言い分と被告側の言い分をインプットしたのち2分の1の確立で右手にもった旗か左手にもった旗の手を上げます。
インプット作業には意味がないため、最短で7分の決済が可能になります。
なお、「もっくん3号」に勝手に触れると自爆装置が起動します。
(過去2回当裁判所は消滅しています)
コンセプト「サプライズ」
当裁判所は従業員全てにサプライズを心がけることを指導しています。 当裁判所は従業員全てにサプライズを心がけることを指導しています。
裁判所とはどこか行きにくい場所ではなく、常にエンターテイメントの場であるべきだと弊社は考えます。このため「まさかっ!」と思わせる事が弊社においてはよくあります。
時と場合によっては原告側に「死刑判決」を言い渡すこともあります。
ロシアンルーレット気分で人を訴えるにはこれほど最適な場はありません!

ちょいうぇぶ

このサイトはサンプルサイトです。ランドサークルのHPはこちらからどうぞ
ホームページ作成 会社  千葉市 矯正歯科  京王線 聖蹟桜ヶ丘 物件  配食サービス ちょいうぇぶ
ホームページ 作成会社 東京
歯科 ホームページ作成