原告:道行く小僧 の声
原告:道行く小僧 私は、道をあるいていました。母上の誕生日だったので「かんざし」を買い。
早く母上の喜ぶ顔が見たくて・・少し不注意だったのは認めます。
それは突然起こりました。私の手になんらかの物体があたり・・・その反動でかんざしが手元から離れ川に落ちてしまいました。
そのかんざしを手渡せることなく母親は・・・うっうう
被告:銭形平次 の声
被告:銭形平次 私は悪気があったわけではありません。悪人をおいつめていただけです。
悪人の数が多いときは出費もかさみます。また体調により同じ悪人数でも使う金額が変化することがあります。その日の前日は寝違えていて首がいたいが・・悪人を懲らしめねばならず・・無理して出勤しました。と言うか出勤するたびにお金かかる不思議な家業です・・この際それは関係ありません。ただ果たして原告の手に当たったのは私の小銭だったのでしょうか?
判決内容
犯行は極めて冷酷で被告の行為は自己中心的な残虐非道な行為であると言わざるをえない。
今後改善が望める期待がまるでないことから、死刑
傍聴者及び参加者の声
道行く小僧の母親: 「ありがとうございます。これでずっと胸につかえていたものが晴れました。元気に暮していけそうです。」
江戸っ子娘: 「なんか説教じみてて銭形平次って嫌いなんですよ。なんでお金なげるのかわからないし。自分が正義みたいに思ってるのってきもちわるいですよな。てか銭型嫌いなんっすよ。」
銭形平次: 「納得がいきません。てかむちゃくちゃ無念です。なんならこの仕事やめますよ」
裁判長: 「↑の人へ、一仕事辞めても無理です。銭形さん。私はあんた嫌いです。すばやく切腹しなよ。」

ちょいうぇぶ

このサイトはサンプルサイトです。ランドサークルのHPはこちらからどうぞ
ホームページ作成 会社  千葉市 矯正歯科  京王線 聖蹟桜ヶ丘 物件  配食サービス ちょいうぇぶ
ホームページ 作成会社 東京
歯科 ホームページ作成